スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミュウツーの逆襲」の問題点~首藤剛志さんとパラレルワールド~

注:
本稿を書く上で捨象、なるべく表現を柔らかくするためにボカした書き方をした部分が有りましたが
ぼかしすぎて的外れのように見えてしまったことで
コメントでそれが不評だったことと、分かりづらかった部分があったので
追記・改訂して直接的かつ、なるたけわかりやすい表現を、わかりやすくしました。

あと首藤さんのコラムを「読め」と書かれていましたが、予めひと通り読みさらっていましたので
首藤さんのコラムを引用して、逐一作品と照らしあわせて細部を検証し改訂するようにしました。
エンタメ大好きさんご指摘ありがとうございましたm(_ _)m

また、故人を非難するものではなく、故人の作風を再発見し評価するための批評であることを
予めご理解くださいm(_ _)m





今回は現在も人気を博している「ポケモン」の映画「ミュウツーの逆襲」の問題点と
その脚本家、首藤剛志さんの世界観について語ろうと思います。
意外なことに、押井守さんやあがた森魚さん、果ては稲垣足穂さんもこの話に関わってくるので
「なんだ、子供向けアニメの話か」と鼻で笑って立ち去らないで、最後まで読んでいただければ幸いです。

さて

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。