スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◯◯VS×× ~「君よ憤怒の河を渉れ」と馬~

前書いたとおり政治の話はしません、以上。




映画の評価なんて玉虫色で、本国では全く評価されてなかった監督や作品が
余所の国に持ちだされた途端、そこの国の人にウケてしまったなんてことは多々ある。

ジュリアン・デュヴィヴィエさんという監督さんが居て
作品に通底する浪花節が日本人と相性が良かったのか、我が国では随分と評判が高かったのですが

我が国ではペペルモコさんの名が「色男」の代名詞として用いられてた。

ウィキペディアにも書かれてるように、映画研究家のジョルジュ・サドゥールさんに
「東洋の一小国だけにおいて、熱烈な観客がいる」と言われたくらいで
更に、全盛期を過ぎた後も、ヌーヴェルヴァーグの連中にボロクソに叩かれた
―このへんは薄っすらと記憶にある―くらい酷い扱いを受けてて
現在では復権してますが、まあ当時のフランスでは評価は高くなかったようです。

今の日本で例えるなら

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

シャフ度はどこからきたのか~「魂狩」について~



「SHAFT!」
ということで、何度もしつこいが「まど☆マギ」や「化物語」で有名になったシャフ度である。

シャフ度_compressed


ハウフルス製作の番組(アド街、タモリ倶楽部)みたいな感じの出だしで大丈夫かしら。

続きを読む

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。